夏の小袖

読んだ本、活動の記録など

秋の自作語りスペシャル

こんにちは。元気ですか?
私は35%くらいです。
ところで、自作について話す機会もないので、なんとなく語ってみようという気になりました。なので、全作解説をします。


1作目。
『人魚の湖に雪は積もる』

人魚の湖に雪は積もる(朝野鳩) | 小説投稿サイトノベルアップ+

「湖」は「うみ」と読みます。人魚が祀られる社で密室殺人が起きる話。初めてweb上に載せた小説です。
何年か前に書いた中編を改稿して短編にしたもので、影響を受けたのは坂口安吾の「桜の森の満開の下」や、安部公房の『砂の女』あたりです。
元々は、湖に人魚がいたら、という発想から生まれた幻想小説のはずでした。それが何故か、いつのまにかミステリーになっていたのです。


2作目。
『なぜ瀬川貴子は髪を切ったのか?』

なぜ瀬川貴子は髪を切ったのか?(朝野鳩) | 小説投稿サイトノベルアップ+

これは、ノベルアップ+で開催されていた、日常の謎短編ミステリー小説のコンテストに際して書いたものです。
目指したのはワンシチュエーションミステリーです。念頭にあったのは、なぜか映画『狂覗』ですね。『キサラギ』はそのあとに観たかも。小説だとハリイ・ケメルマンの「九マイルは遠すぎる」とかかな。でも、「九マイル~」ほど論理の上に論理を重ねるようなことはしてないはず。


3作目。
『リップスティックはローズダスト』

リップスティックはローズダスト(朝野鳩) | 小説投稿サイトノベルアップ+

これもノベルアップ+の日常の謎コンテストに際して書いたものです。これは実は、有栖川有栖さんの『孤島パズル』の影響があります。ただ、読んでも分からないと思います。


4作目。
『cherish your emotion』

これは非公開にしています。スクールカウンセラーと女子高校生の話でした。


5作目。
『キサナドゥの城壁』

キサナドゥの城壁(朝野鳩) | 小説投稿サイトノベルアップ+

サイバーパンクミステリーと銘打っていますが、そもそも私はSFをあまり読んでもいません。なのでちょっと、SF的には作りが粗いかも。初めてweb上に載せた長編です。


6作目。
『沼で目を覚ました男とその記憶』

沼で目を覚ました男とその記憶(朝野鳩) | 小説投稿サイトノベルアップ+

幻想小説を書こうとした小説。いわゆる「世にも」的な話を書こうとした記憶があります。勢いで書いたので文章にヤスリがかかってません。


7作目。
『悲鳴館の殺人』

悲鳴館の殺人(朝野鳩) | 小説投稿サイトノベルアップ+

これは、自分ではかなりお気に入りのものです。影響を受けたのは、有栖川有栖さんの『双頭の悪魔』と綾辻行人さんの諸作品です。


8作目。
『呪いのチョコレートの謎』

呪いのチョコレートの謎(朝野鳩) | 小説投稿サイトノベルアップ+

ノベルアップ+のハロウィンホラー小説コンテストに際して書いたものです。ホラーを書こうとしたらミステリーになっていたもの。これは綾辻行人さんの『Another』が強いようです。


9作目。
『ハレーション・ホロウ』

ハレーション・ホロウ | 物語詳細 - monogatary.com

monogatary.comとadieuさんのコラボコンテストに際して書き、大賞をいただいたものです。
恋愛小説って、普段読みません。映画もそんなに観ません。なので実は、この小説の原体験は自分でも分かりません。ああでも、映画だと『ナラタージュ』が好きです。その影響はあるかも。原作は未読です。


10作目。
『滲む言葉と春光』

滲む言葉と春光 | 物語詳細 - monogatary.com

これはもう朝井リョウさんの「少女は卒業しない」の影響そのものです。作中の詩を考えるのが大変でした。


11作目。
『7月15日』

7月15日 | 物語詳細 - monogatary.com

1作にカウントして良いのか分からないくらいに短い。SSというにも短すぎるかも。


12作目。
『それでは、お元気で。』

それでは、お元気で。 | 物語詳細 - monogatary.com

手紙をモチーフに使いたかったところ、monogatary.comのお題で「お蔵入り」があったので書いたもの。言ってしまうと、渡せなかった手紙です。


13作目。
『captured summer』

captured summer(朝野鳩) | 小説投稿サイトノベルアップ+

私は『ほんとにあった! 呪いのビデオ』が好きなので、心霊ドキュメンタリーを小説でやろうと思ったものです。


14作目。
『シルバーリング』

シルバーリング | 物語詳細 - monogatary.com

monogatary.comのお題で「心の絶縁体」というものがあったので書いたもの。雷に打たれたような恋を絶縁体で防ぐという話を書こうと思ったのです。


15作目。
『embotellado《改訂版》』

embotellado《改訂版》(朝野鳩) | 小説投稿サイトノベルアップ+

これがいまのところ最新作ですが、過去に書いたものを改訂したものなので、真に最新作と言えるかは不明。
拝み屋と探偵が監禁事件と首を落とされた死体の謎を調査する話です。実は、発表していない長編小説『exorcismo』の続編でした。


以上です。全部で15作ですか。思ったより書いていました。
いまは、病気の話を書こうとしています。長編を予定していますが、いまは資料を読んでいるところです。さて、どうなることやら……。

放課後の鍋談2

こんにちは。元気ですか?
私は60%くらいです。


フリーゲームを作りました。
『放課後の鍋談2』というタイトルです。
VTuber鍋くんの二次創作ADVで、以前制作して公開した『放課後の鍋談』の続編となっています。

DLはこちらから(win版です)
https://firestorage.jp/download/f5e7e903699bec66fd09ef5fa878f8cefeb753b4


◎お借りした素材
 背景
  きまぐれアフター
  みんちりえ
 BGM
  甘茶の音楽工房
  魔王魂
  かまタマゴ
 SE
  効果音ラボ
(敬称略)


内容は、学園ホラーを目指したものになっています。前作『放課後の鍋談』で登場した謎の女生徒の正体に迫るものです。
プレイ時間の目安は30分くらいだと思います。


前作は、なんとVTuber鍋くん自らがプレイを生配信してくださいました。

www.youtube.com


『鍋談2』の制作は難航を極めました。日記によると制作開始は6月29日らしいので、2ヶ月強かかっています。ほとんどはイラストを描き渋っていた期間ですけど。
その分良いものが作れているのかは、プレイして判断していただければと思います。


VTuber鍋くんに愛と感謝を捧げます。


VTuber鍋くんのYouTubeチャンネル
www.youtube.com

VTuber鍋くんのTwitter
twitter.com

受賞しました

こんにちは。元気ですか?
私は80%くらいです。最近はホラー小説を書き始める、ゲームのシナリオを書き終わる、などしました。



小説『ハレーション・ホロウ』で、adieu「よるのあと」×monogataryコラボコンテストの大賞を受賞しました。
大賞作品はベースにアートムービーが製作され、adieuさんの楽曲「よるのあと」のその後を描くアフターMVとして公開されます。公開は8月末とのことです。



私が遊びで小説を書き始めたのは6年くらい前です。ちゃんと書いてみようと思ったのは、一昨年くらい。web上で書いた小説を公開し始めたのは昨年(2020年)です。

一方、adieuさんの楽曲を聞き始めたのは1stミニアルバムが出て少し経ってからでした。経緯は覚えていません。なんとなく「良いな」と思って、それから間もなく聴くようになったような気がします。

adieuさんの歌は透き通るようで、しかし心を通りすぎずにしっかりと残り、そして振り返る過去からの呼び声のようでありつつ、未来から差す光のようでもあります。私は最初に聴いたとき、歌詞が無くても歌声だけで芸術として成立する、と思いました。


大賞をいただいた『ハレーション・ホロウ』はとても短い小説です。センテンスの作り方から置き方、配置などは、私にとって始めてのweb小説を意識したものです。

『ハレーション・ホロウ』で書き方を変えたのは、このコンテストに応募するためにmonogatary.comに登録したからでした。それまでとは違うプラットフォームで投稿するなら書き方を変えても良いと思ったというのと、コンテストというお祭りに一枚噛むためには我を通しても仕方がないと思ったという要因がありました。


大賞をいただいて初めに思ったのは、自分の書いたものが人に届いたという感動でした。
表現することと人に伝えることは違います。私は、もしかしたら、自分の内にある感動を人に届けたいのかもしれません。そのために小説という表現、手法を使っているのかも。ただ小説が好きなだけかもしれませんけどね。



とても素敵なコンテストで大賞をいただきました。気が引き締まり、緊張もしますが、これまでより一層よいものを書いていきたいです。



monogatary.com

推理小説における推理の論理性と正確度について

こんにちは。元気ですか? 私は45%くらいです。
最近は本を読めていません。頭が回らない、小説の構想を練っている、ゲームを作っていた、暑い、眠い、ゲームを作っている、などの要因があります。推理小説は好きなのですが、何冊も積んでいます。読むスピードが買うスピードに追い付かないのですね。


少し前にTwitterで、読んだほうがいいと思う小説10選をツイートしました。


これは好きな小説を挙げたというよりも、「こんな小説もあるんですよ」という意味合いです。なので趣味全開とは言えないでしょう。好きな小説を勧めたいとは特に思いません。いえ、そもそもどんな小説でも人に勧めたいと思わないのですが……。


ところで、私はフェアでないとミステリでないと思っています。フェアさの照準がどこかはさておき、ある程度手がかりが(読者が理解できる形で)明示されている必要があると思っている、ということです。

では、フェアさの果てに何があるのかというと、論理的な推理です。
論理的な推理の目的は隠れていた真実を浮かび上がらせることでしょうが、では、推理の正確度はどう保証されるのでしょう。

真実と推理が合致しているかと、推理の正しいらしいと思われる説得力は別です。
なぜなら過去の確実な再現は不可能だからです。過去のデータを完全に叙述すると小説にならないのですが、仮にそれをするとミステリでなくなってしまいますね。

冗談はさておき、推理の説得力は、その時点で揃っているデータから過去を想像した上で、どれだけ矛盾点や不正確さを取り除いているかという点によります。

それで、ここからが本題なのですが、小説の中で繰り広げられた推理を作中の人物が正確らしいと認めたからといって、それを読者が正確らしいと思わないことがある、という問題があります。

これについてどう思うかは読者によるでしょう。私は上述の理由から完璧な推理はできないのでは、という姿勢で推理小説を読んでいるので、作者がそこで線引きをしているならそれで良いと思っています。さすがに適当すぎると納得しませんけどね。つまり、作品の不備だと思うというより、作者がそこで納得したのだと思う、ということ。それはミスというより、作者の姿勢でしょう。作者が気付かない瑕疵というのは存在し得るのですが、それも含めて作者の人となりを見ようとしてしまうようです。

同じくらい、見つかっていないデータがあるかもしれないのだから見つかっているデータから妥当らしい推理をしても仕方ない、とも思います。これはミステリの宿命というか性というか、前提条件みたいなものだと思っています。
それと、論理的な推理というのは妥当性をどこまで高めようとしても正確度が100%にはならないので、つついても仕方がない気がする、というのもあるかもしれません。
まあ、この辺りは趣味なので、本当に人によるでしょう。気力や真面目さや熱量にもよるかな。


少し話はずれますが、私はミステリはジャンルであると同時に型でもあると思っています。しかし、この型がどんな形だと思うかは人によるようです。つまり、ある人が「ミステリの型に則ればこんな物も書けるよね」と思って小説を書いても、「そんなのミステリじゃないよ」と思う人がいるかもしれない、ということ。
これは前述したフェアさの照準の違いなどが原因としてあるようです。私はなんでも良いなぁと思って読んでいるのでなんでも良いのですが、以前はもう少し厳しい目を向けていました。なぜ姿勢が変わったのかは覚えていません。いまもたぶん、全体の平均よりは厳しいでしょうけど。

まあ、これも趣味によるので、各自が好きになさったら良いのでは、と思います。

推理小説を楽しめるのは推理小説の熱心な読者だけか

こんにちは。元気ですか? 私は50%くらいです。制作中のゲーム用のイラストを描く、イラストの練習をするなどしています。お話はまだ霞んでよく見えないかな。全体のイメージというか空気感が掴めれば書き始められます。


何年か前に、作中でミステリの用語などを説明していて、構造がミステリに普段触れない人にも馴染みやすい、というような触れ込みの推理小説が出ました。私はその本を予約して買って読みました。

中身は端整な本格ミステリに奇想を掛け合わせたような話でした。私はもっと怪奇色の強いものをイメージしていましたが、それはそれで楽しい読書だったように記憶しています。

それで、作中の説明ですが、主にクローズド・サークルと密室の話だったはず。確かに推理小説をよく読む人にはお馴染みですが、そうでない人もいらっしゃるでしょう。作中でその辺りの言葉の説明があるわけです。

その影響があるのか、小説の面白さか、その小説はベストセラーのひとつになったようでした。私の勘ですが、ふだん推理小説を買ったり買わなかったりする方々が買ったのではないかと。その後その小説は年末のミステリーランキングで上位にランクインするなどしました。

それで、それから数年後です。その小説が映画化しました。私はその映画を、映画館まで観に行きました。メディア変換が行われたことを感じさせないストーリー運び、キャラクターの動きなど、原作の面白さに加わって様々な遊びもありつつ、映画は映画で良くできていたのではないかと思いました。それが数年前です。

今度はその映画が配信等でお家に届き始めています。私が危惧(というほどではないが)している瞬間です。

さて、本題です。この小説は確かに、初心者向けに用語を解説しながら、難解であり解決しうる謎を提出し、なんやかんやと話を進めてそれを解決します。宮内悠介氏はハードカバー版のあちこちのページに付箋を貼っていて、「解決編を読む前に完全に真実にたどり着いた」という旨を作者の方に伝えたらしいので、謎解きがアンフェアで不親切だったとは思えません。それは映画版でも同じだったように記憶しています。

ですが。そもそもミステリーに普段触れない人、推理小説なんて読んだこともないよ、という人に、(分かりやすくしたとはいえ)謎解きの面白さが伝わるのか――正確にいえば、それを理解してもらえるのか、という問題はあるように思います。
(理解できた方がよいということはないのですけど)

原作者の方は、本格ミステリに普段触れない人に本格ミステリの面白さを知ってもらいたくて、触れやすいものを作ったというようなことを仰っていました。しかし、この分かりやすくしたというのは恐らく、可視化しやすくした程度の意味でしかない。それを認知出来るか、そしてそれを面白く感じるか、それを重要なものだと感じるかは、人によるということです。
職人がカットした宝石だって、興味が無い人もいますし、目を止めない人だっているでしょう。

それで話を戻すのですけど、この小説が原作の映画は、ミステリ部分の出来としては恐らくそれなりのものです。しかし。しかし、ですよ。視聴者のどのくらいの人間が普段からミステリに触れ、その面白さを感じとる脳を培っているのか。ひょっとしたら、ミステリ要素なんてどうでも良いよと感じる人も多くいるのではないか。そんなことを考えると、私は戦慄します。
まあそれは半分冗談です。しかし、悪いとはいいませんけど、勿体ないなとは少し思います。まあ、各々のスタイルで観るのがよろしいでしょう。

ただ、ミステリの主に謎解きの面白さは面白がれる人にしか面白くないという事実はあるかなと思います。


もっと複雑な話を書こうと思っていたのですが、忘れました。なので今日はここまで。そのうち小説のキャラクターについても書きたいような気がしています。

放課後の鍋談

フリーのゲームを作りました。VTuber鍋くんの二次創作のADVです。
『放課後の鍋談』というタイトルです。ホラーを目指したのですが……。

DLはこちらから。windows版になります。
放課後の鍋談DL(win版)

ブラウザ版リンクはこちら(fc2サーバに飛ぶはず)
放課後の鍋談
※このゲームは音が出ます。
※重すぎて動かないかもしれません。
!現在ブラウザ版においてセーブとロードが出来ないバグが確認されています。

◎お借りした素材
 背景 きまぐれアフター
 BGM 甘茶の音楽工房
     かまタマゴ
     魔王魂
 SE  効果音ラボ
    (敬称略)


ゲームを作ったのは初めてなので拙い部分もあるかとは思いますが、平にご容赦願います。

VTuber鍋くんに感謝と愛を捧げます。


鍋くんのYouTubeチャンネル
www.youtube.com

鍋くんのTwitter
twitter.com

「悲鳴館の殺人」

ノベルアップ+にて短編ミステリー小説「悲鳴館の殺人」を公開しました。
novelup.plus

雨の夜に悲鳴の轟いたという、通称「悲鳴館」。その呪いを解くために調査をする探偵と探偵見習いだったが、しかし各々が別の殺人に遭遇してしまう。二つの殺人の闇が取り払われたとき、悲鳴館の呪いは解けるのか――。
短編本格ミステリを目指しました。ぜひ、推理をしながら読みすすめてください。

本格ミステリを目指しました。フェアに謎が解けるように作ったつもりですが、それがどの程度成功しているかは、読者の方の判断にお任せします。
『○○館の殺人』というタイトルはずっと使いたかったので、一つ形に出来たことを嬉しく思っています。また別の『○○館の殺人』も書きたいのですが、果たしていつになるやら……。


世の中はクリスマスですが、私はDVDをレンタルして、一人で映画「ミッドサマー」を観ました。といっても、人と観る映画じゃないかも。いや、トラウマを共有できれば、もしかしたら傷が癒えやすくなるのかな。
私は映画を観て何かを感じることは少ないのですが(痛そうなシーンは見ていられませんけど)、「ミッドサマー」は感じ過ぎました。色々な心の傷が一気に口を開いたというか、精神が傾きすぎて乗っているものが全部滑り落ちたというか、ともかく参ってしまったのです。
劇場公開しているときはTwitterなどで様々な感想を見たものでしたが、実際観てみると、確かにこれは感想を述べたくなるな、と思いました。いえ、もっと言えば、溜息を吐く代わりに感想を吐き出さないとという気になるのでしょう。溜めておくと良くない種類の感情が湧き出る映画だからです。